スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津での研修を終えました

昨日、4泊5日の研修を終えて帰ってきました。

2010111214220000.jpg

写真は左から稲森、語堂正範鳥取県琴浦町議、杉原利明広島県三次市議、岡田耕一愛知県豊田市議
同世代あるいは良き兄のような人たちであり、それぞれの地域の若きホープたちです。


今回のグループ演習の発表は、班のメンバーのうち一つの自治体を選択して、現状や問題点、将来的課題、取り組むべき解決策、国への要望をまとめるというもの。


語堂町議の地元、琴浦町は、ハコ物が多く、合併直前に分庁舎を建設し、今後新たな新庁舎建設を検討しているという小さな自治体です。解決策のひとつとして、それらの見直しや、盛んな農業を生かした若者の定住できる施策があげられていました。



会場から具体策を問う質問が出た時、最後に同じ班のメンバーから「若い人が望むような町づくりを、若い世代としてこの研修で学んだことを積極的に提言していってほしい!そのためにグループ一同で討議した」という趣旨の心からの激励があり、あたたかい拍手につつまれていました。



目先のことではなく、30年や40年先のことを極めてリアルに不安に思える。これが私たち世代の強みだと思います。それぞれの地域での活躍を祈り解散したところです。



いろいろご迷惑もおかけしましたが、5日間ともに研修に参加した皆さんに感謝です。
さらに今回の研修は16800円+交通費を公費である「政務調査費」から支出しています。納税者である伊賀市民の「幸せ」のために生かさなければ!と痛感しているところです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。