スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般質問を終えました。

稲森議員_002

一般質問終わりました。多くの皆様にいろんなご予定があるにもかかわらず、傍聴いただけたことに感謝いたします。

取り急ぎ報告します。


①庁舎問題については「バリアフリーとユニバーサルデザイン」の違いをまず聞きました。市長の庁舎問題に関する理念を伺うことができました。さらに検討段階でユニバーサルデザインについての検討をどのようにしていくかを十分検討すると言っておられたように思います。


②支所・地区市民センターの将来像については、将来的に住民自治協議会の成熟したのち、支所をなくし、代わりに自治センターのようなところで、地域主体で、相談窓口や住民自治活動の支援を行うとのことでした。
どの程度の行政機能を残すかで、市長と僕の考え方にズレがあるようでした。


③子ども・子育て世代の公園整備・遊具設置は、子どもの遊び場がないところに、地域と行政のかかわりのもとやっていくとのことでした。しらさぎ運動公園に17億円を投入するのに・・・なんか許せませんでした。


④放課後児童クラブの充実については、上野西小学校の3年の子どもたちが、放課後児童クラブに入れないことを避ける必要があると訴えました。何とか7月の夏休みまでに、子ども家庭課と教育委員会で努力していく。児童数増が見込まれることから新たな整備も考えたいとのことでした。


⑤民法改正・夫婦別姓選択制について、市長は「夫婦別姓が家庭崩壊につながるとの反対論は、ゆがんだ考え方」との答弁で、今後、幅広い議論を広げるための情報提供や意識調査を市民に行っていきたい。とのことでした。



反省点としては、まず項目多すぎでした。質問中も時間が気になって仕方がありませんでした。せいぜい3項目ですね。。。次回にこの反省を生かしていきます。もっと厳しい姿勢でいどみたいです。

また今日答弁いただいた、「検討します」がどのように検討されているのか、しっかりチェックをしていきたいと思います。疲れましたのでおやすみなさい☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。