スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県知事選挙応援の3日間

沖縄に行ってまいりました。


先日も書いたように11月28日の沖縄県知事選挙で「伊波洋一」さんの勝利のためです。


初日は台風が心配されましたが、伊丹空港から沖縄へ。ホテルに着くもクーポン券を飛行機に忘れるというアクシデント。なんとか飛行機の中にあって、夕方の交流懇親会場に向かいました。


全国からおよそ100人。多くの懐かしいみなさんと交流できました。今回の選挙、そして沖縄の基地問題を全国の問題として取り組もうというあらわれです。その日は1時くらいまでワイワイ語りあいました。
2010102921220000.jpg

写真は仲村未央沖縄県議と


2日目はいよいよ政策チラシ配布の行動です。


朝県庁前に集合です。昨日の泡盛がまったく残っていないことに気付く。
福島みずほ党首や照屋寛徳衆院議員も参加者を激励してくれました。
バス2台に分かれて、配布地点で順次下車します。降りるたびに、バスの皆さんから拍手が起こります。ものすごい連帯感の中、那覇市首里地域へ。

2010103009320000.jpg



とてもアップダウンの激しい地域。そして多くの家には鉄の門があり、その内側にポストがあるので、一苦労でした。バスを降りる時「あなた議員なんだから、しっかり話込んでくるのよ」という声に後押しされ、なるべく市民の皆さんとの対話を心がけました。


「伊波洋一さんの応援に来ました」というと現職に挑む新人にもかかわらず名前が浸透している様子でした。
なかなかな手ごたえを感じ、昼食会場へ。会場となりには高校野球春夏連覇の興南高校のグランドがあり練習風景を眺めながら休憩。


午後からは午前中とは一転して、平坦な那覇市長田という場所へ。あっという間に終わり、ホテルへ。タクシーで移動するが、沖縄のタクシーは安い。初乗り480円。タクシーの窓にも「新基地建設反対」という文字が。



ホテルでシャワーを浴びて、少し寝る。起きて悲願の「かりゆしウエア」を購入。東京や大阪からお越しの皆さんと夕食。沖縄民謡の生ライブも聞けた。



3日目は平和学習ということで、普天間飛行場を眺められる嘉数高台と名護市辺野古へバスは向かいました。
辺野古ではテントで座り込みをする皆さんから激励を受けました。



沖縄の街づくりは米軍にフェンスに沿ってしか進めることができず、住民の意思よりも、アメリカのご要望が重んじられています。基地から派生する犯罪におびえ、世界で軍事的な緊張が高まると沖縄の観光産業は大きな打撃を受けるという声も聞きました。そこに暮らす住民の意思によって物事が決定されていくように、11月28日は、何としても「伊波洋一」さんを知事に!という思いを強くしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。