スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月議会が終わりました

今日は3月議会最終日でした。夜家に帰って、気がつけば寝ていました。


主なものとして


①議員定数の4削減は共産をのぞく25議員の賛成で可決。

②僕は一般会計、介護保険特別会計、介護保険条例の一部改正に反対。しらさぎ運動公園整備と介護保険料36%値上げについて反対討論を行いました。

③しささぎ運動公園整備の予算凍結決議の提案を行いましたが、賛成少数で否決されました。


その後の全員協議会で質問時間などの「申し合わせ」について喧々諤々の議論がありました。会派代表者会議からのおもな提案事項は


①会派要件は現在の3人から2人へ。
②一般質問は1人60分から30分とし、ただし会派で時間数のプール・共有を可能とする。


僕は②について反対の立場から「議員個人の権利を大きく制約するもので、市民は議会でだんまりをしていることを望んでいるはずはない」と意見を述べました。


賛成意見は「議会の会議に時間的な制約がある」というもの。早く会議が終わることをよしとする議会の空気にはうんざりです。


また伊賀市議会に存在する暗黙のルール「質問を1回したら1回休む」という「だんまり議会」まっしぐらのやり方もする必要はないと述べました。(僕と数人の議員は無視していますが)


今日は他の議員からも反対意見が相次ぎ、今日の採決は見送られましたが、3月末にかけて強行採決される可能性があります。


会議終了後、議長と議長室にこもって「何とか採決は見送るように」とだいぶ議論しましたが噛み合わず・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。