スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちの重み

最近伊賀で起こるべくして起きた出来事から
(毎日新聞伊賀版より)


三重県伊賀市に住む女性(78)が今年3月、救急搬送を要請した県内外の7病院に「専門医の不在」や「処置多忙」を理由に受け入れを拒否され、2時間以上かかって到着した津市の病院で死亡していたことが3日、分かった。


 伊賀市消防本部によると、女性は1人暮らしで、3月19日午後5時20分ごろ、自宅の居間で血を吐いて倒れ、近所の住民が119番。約4分後に救急隊が到着した。


 隊員は、消化器系の疾患と判断。この日の救急患者の受け入れを担当する同市内の総合病院に受け入れを打診したが、専門医の不在を理由に断られた。さらに津市や同県鈴鹿市など周辺6病院にも打診したが受け入れられなかった。


 救急車が到着してから約70分後、現場から約50キロ離れた津市の病院が受け入れに応じ、約50分かけて搬送したが、病院に到着する直前に心肺停止状態となった。女性は翌日午前8時25分ごろ、出血性ショックのため死亡した。


 伊賀市と、隣接する同県名張市では、08年4月から両市内の3総合病院が日替わりで夜間や休日の2次救急患者を受け入れる輪番制を導入。しかし深刻な勤務医不足の状況が続いており、受け入れ不可能だったという。【伝田賢史】



正直、議員になって1年。医療問題は勉強不足な自分にとって特に勉強不足な分野でした。
ここ数日、市の地域医療対策室から聞き取りをしています。


とりあえず市民に発表している2次救急の輪番制は4月までです。特に7月以降は難しい選択を迫られると思います。
限られた医療体制を薄く薄くのばして広げていくようなやり方は限界があります。
今後、僕の所属している社民党県連を通じて県、国に対して「医師確保」に向け働きかけを強める準備をしています。


本来、このようような事態を何としても避けるべく医療問題を議会でも、行政とも議論していたはずです。


そういえば、3月の内閣府「自殺対策の強化月間」に関連して、市長に自殺対策に向けての質疑の中で「決意」を聞かせてほしいと聞きました。でも正直あまり関心が薄いように受け取ることができました。「計画策定を見守りたい」みたいな感じで。


あまり表に出てこない、出そうとしない自殺の問題。また米軍の基地問題にしても、そして、大きく報道された今回の事態。表面で「人が亡くなる」というセンセーショナルな出来事に直面してハッと関心を持ち、動き出す。


これは行政、僕たち議員もあるいは市民の皆さんにも言えることかもしれません。


自殺で亡くなる人が全国で3万人超。
米軍機の下で生活を強いられている人もいる。
そして伊賀市の救急医療に救ってもらえなかった人もいる。



誰かが犠牲にならなければ、動き出さない現実。
私たちの「いのちの重み」をどう想像するか。「感受性」が問われている。痛切な反省のもと感じています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。