スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年度「政務調査費」の使い道

伊賀市議会では議員報酬の他に年間24万円の政務調査費が支給されています。
2009年度の使い道について確定しましたので公表いたします。


支給額 240000円


【支出】 研究研修費 140940円
     調査旅費   53730円
     資料購入費  27623円
     事務費    12038円


【支出合計】 234331円
【返還額】    5669円
(残金については伊賀市に対し返還します)


【内訳】
研究研修費・・・・(交通費・宿泊費・参加費等)
5月19日~20日 第6回全国市町村議会議員研修(奈良市)30200円
5月24日 東海自治体学校(名古屋市) 7200円
9月6日 NPO法人ライフリンク「自殺対策」シンポジウム(東京都江東区) 31360円
2月1日~2日 第9回全国市町村議会議員研修(千葉市)72180円

 
調査旅費・・・・(会派行政視察における交通費・宿泊費等)
11月8~9日 会派視察・東京都八王子市・栃木県宇都宮市(指定管理者制度および地産地消推進)
53730円


資料購入費・・・(書籍代等)
「自治体財政のしくみ」1890円
「まちで雇用を増やす」1260円
「自治六法」「議会運営事典」2図書合計9725円
「新自治用語辞典」4971円
「東海自治体学校資料費」「マルクスの逆襲(三田誠広著)」「子ども最貧国・日本」
「介護保険利用のしかた」「自殺予防学」「介護保険のしくみ」「政権交代論(山口二郎著)」
「反貧困」「情報公開ですすめる自治体改革」9図書合計9668円
しらさぎ運動公園関連情報公開請求複写料880円

 
事務費・・・・(文具・事務用品等)
2月7日 コピー用紙代 2312円
    インク代  1180円
3月3日 ボールペン、蛍光ペン2点 315円
3月26日 デジタルカメラ(購入代のうち2分の1を請求) 4971円
 3月30日 プリンターインク代、コピー用紙代 3260円


みなさんからの貴重な税金の中からいただいている「政務調査費」です。
しっかり政策能力、調査能力を高められるよう努力いたいと思います。


*なお自らの「後援会活動」「政党活動」と認められるものは議員報酬の中から支出しています。





         

          
               


         


    
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。