スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取県琴浦町・語堂議員が突然

今日は午前中、阿山の産業建設部で商工労働観光課長よりスーパー「ニューライフ」の撤退についてのこれまでの経過と今後の見通しについて説明を受けました。

今後の見通しは不確定な要素がありながらも、後継店舗について明るい見通しがあるとのことでした。


ただ今日の説明で、今後同じことを繰り返えすことは、地域住民にとって不安を与えることになるので、今後の後継店への関わり方など十分検討していかなければならないことも考えさせられました。入居業者との協定です。これまでは市が退去を求める規定はありましたが、業者からの退去については規定がありません。今回の一件は閉店の張り紙を見て市側が把握したとのことでした。


その後隣接する駐車場のことが気になったので、本庁の管財課で駐車場に関わる条例について問い合わせました。隣接する有料駐車場は施設(ふれあいプラザ)の設置条例の中で、現在のままの条例では駐車場が市民本位の運営になっていない点にも気になりました。1時間200円では、スーパーでの客単価が800円という中で、市民が車を駐車して買い物をすることが考えにくく、これだけの単価では業者側の努力(サービス券の発行など)ではどうにもなりません。プラザ2Fに入居する社協の駐車場の使用実態も含め、市民ならびに中心市街地のための駐車場のあり方を考えなければなりません。今後の6月議会での見直しがあるならば、それが市民と地域のためになることを求めたいと思います。


その後は、通信の配布に汗を流し、夕方には地元のスーパー前で街頭演説を行いました。
やれやれと思い、家に7時ごろ帰宅すると、鳥取県琴浦町議の語堂正範さん(無所属)から「もうすぐ伊賀市に着くんですけど」と何の前触れもない電話が。彼とは、大津の「国際文化研修所」で2回ともに研修を受けた時に知り合い、仲良くさせてもらっています。大学時代には相撲にいそしみ、実家に帰って農業をやりながら、議員になった勉強熱心で行動的な若手議員です。
2011051323330000.jpg
急きょ伊賀市役所で待ち合わせをして男2人で、チョコレートパフェと、マンゴーパフェを食べながら、それぞれの議会のことなどを話してきました。この後長野県に視察に行くとのことで、短時間でしたが、うれしい訪問でした。


最後に写真を撮りましたが、僕も決して小柄な人間ではありません。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。