スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなる中心市街地

今日は、市役所でこども家庭課、管財課、人事課で資料請求や、聞き取りを行いました。また議会事務局で企画課から資料請求していた文書などを受け取り、庁内を行ったり来たりしていました。


十分調べつくした上で6月議会の一般質問に挑もうと意気込んでおります。


さて、13日で上野のニューライフが閉店します。たくさんのご心配の声をいただいていますので、13日に個人的に商工労働観光課からこれまでの経過など説明を受けます。後継の出店について前向きな話も聞こえてきますが、いずれにしても、いままで通りのことでは同じことの繰り返しのように思えます。企業努力は当然ですが、市が「場所だけ貸します」「自由に商売をしてください」ということでは。
2011051117140000.jpg
特に中心市街地の活性化と高齢化の進む市街地において買い物難民をつくらないために、市の建物である「ふれあいプラザ」を貸すにあたって、どうような協定を結ぶのか。日ごろから意思疎通を図る必要があるかと思います。


また、社会福祉協議会が2Fに入居していますし、市内でも人口の集積した地域でもあり、大きな規模の住民自治組織もあります。福祉的な視点を取り入れながら、地域の核として集客をはかっていく必要があるのではと考えています。


そんなことで市役所を後にして、夕方ニューライフに行ってきました。ガランとして店内で買い物中の方も「ここがないと困るわ」という声もお聞かせいただきました。余談ですが、13日閉店ということで、商品は残り少なくなっていますが、かなりの割引で売られていました。13日までぜひニューライフでお買いものをされてはいかがでしょうか。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。