スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般質問を終えました!

今日は午後1時から一般質問に立ちました。



通告項目は
1、誰にでもやさしい「ユニバーサルデザイン」のまちづくりについて
2、自殺予防対策の強化について
3、住民自治活動への支援と将来像について
4、放課後子ども教室について
でした。


特に執行部からの答弁では
1、ユニバーサルデザインについて
しくみづくり、指針の策定は急務である。
条例の制定も含めた検討の必要性があるとの答弁がありました。


また福祉の範疇を超える場面が多々あるなかで、企画課が司令塔的な役割を果たすことや、特化した担当体制について十分検討したいとの答弁がありました。思ったより前向きな答弁でしたので、今後の検討結果をしっかり追求していきたいと思います。


2、自殺対策については、すみやかな実態把握と公表についての検討との答弁があったほか、市職員の職員健康診査の中でのストレスチェックなどを行う検討の答弁もありました。また今後も引き続き、講座や講演会等を開催して市民に広く啓発をしていくとのことでした。


3、住民自治活動への支援については自治基本条例の住民自治組織への支援、補完に関してかみ合わないままでして。


4、放課後子ども教室については時間がなく質問できませんでした。期待をしてくださった市民の皆さまには申し訳なく、14日以降の予算審議でも質問をしていきたいと思います。


また傍聴にお越しいただいたみなさま、またケーブルテレビをご覧いただいた皆さまに心から感謝しています。
皆さんとともに「1ミリ」でも市政を動かすべく全力でがんばります。14日から来年度の予算審議があります。これも傍聴、またはケーブルテレビでご覧いただければと思います。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。