スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政主体の成人式は必要なのか??

今日は午前中、議会広報委員会でした。
2月1日発行予定の「議会だより」をどうすれば分かりやすくなるのか議論しました。委員一同、知恵を出し合い、よりよいものにと努力しておりますので、ぜひゆっくり読んでいただければと思います。



午後からは伊賀市の養護老人ホーム「恒風寮」を訪問。施設長さんや職員の皆さんとお話してきました。
46人の方が入所されているが、平均年齢81歳を超え、さまざまな行事や企画を考えながら、刺激のある毎日を送れるように努力されているようでした。
2011011113440000.jpg
また4畳半に2人の方が入所されていることに驚きました。


さて9日は伊賀市でも成人式がありました。
「市長あいさつの途中で若者が壇上に上がって・・・」という例年通りのニュース。



ただ市民の税金を使って、行政による成人式が必要なのでしょうか??といつも思います。
伊賀市では実行委員なども新成人の中から募集していたそうですが応募はゼロ。



僕も7年前旧伊賀町時代に成人式に行きましたが、楽しかったのは終了後、中学校全体の大同窓会でワイワイワイワイやった記憶です。大同窓会は同級生が口コミで人を集めて、恩師を呼んで60人くらいでやりました。



税金を使って誰かにやってもらっても。「エライ」人たちが壇上から顔も分からないほど多数の若者に向かってあいさつをされても、何もありがたくありません。自分たちで考えて、自分たちによる自分たちのためのやり方ができないものか。「成人式のあり方」を今後考えていかなければと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。