スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日新聞伊賀版に「放課後児童クラブ」の問題が掲載されました

僕の先日の一般質問が中日新聞伊賀版(3月12日)に掲載されました。どうにかこの問題が解消へ前に動くようこれからも取り組んでいきたいです。

以下転載します。


来月から30人入所できない----伊賀・上野西小学校区内放課後児童クラブ
議会一般質問で明らかに


伊賀市の上野西小学校校区内の放課後児童クラブに児童30人が4月から入所できないことが分かった。市は、学校の空き教室などを活用する「放課後子ども教室」を同校区内に設置することなどを検討する。
11日の市議会一般質問で稲森稔尚議員が指摘した。共働きや一人親家庭の児童が放課後を過ごす児童クラブは、市内に14か所あり、原則小学3年生までの児童を受け入れている。
上野西小学校区内はいずれも定員40人の「キッズうえの」と「レインボーうえの」の2か所があり、新年度はキッズに79人の応募があった。レインボーでキッズの希望者を受け入れたが、3、4年生があふれる状況となった。
稲森議員は「不況で共働き世帯が増え、一人親家庭にとっては死活問題だ」と指摘。中出富一健康福祉部長は「市教委と協議し、学童保育のニーズが高まる夏休みまでに放課後子ども教室で受け入れられるよう進めたい」と答弁した。
地域住民が主体となって児童を見守る放課後子ども教室は市内に3か所ある。
(平井良信)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。