スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日間の「自治体財政入門」研修会に参加しました

4月26日~28日まで大津市の市町村国際文化研修所にて「自治体財政入門」という研修会に参加しました。
これまで議員研修には2回参加していますのでこの研修所へ来るのは3回目です。



大半が、全国の自治体で行政職員として活躍する若手の皆さんの中に、議員がまざっているという感じでした。
初日は、自治体財政の基本的な考え方、京都府京丹後市の予算編成、2日目は歳入・歳出予算の構造、3日目は、兵庫県川西市の予算調整・資金繰りについてでした。


感想ですが、議員ではなかなか知ることができない、行政内部の予算編成のしくみなどを知ることができて、ラッキー。また同じ年齢や、同世代の情熱をもった自治体職員の皆さんとの交流を深められ議員と違った視点から講義の内容を話し合えてラッキーという感じです。本当に素晴らしい皆さんに出会えてよかった!
さらに京丹後市は「開かれた議会」として活発な議会運営で有名な自治体ですが、川西市の事例も含めて、「活発な議会」があってこそ、市民に開かれた予算編成が行われているんだなあと感じ、予算審議はもちろん、次年度に生かすために、決算審査を重視しなければならないことも再確認しました。


また、具体的に関心を深くしたのが、予算編成過程の公開についてです。透明性を高く、市民や議会に対して説明責任を果たし、決して「ブラックボックス」にしてはならないということです。さらに講義をされた先生の余談の中で出てきた、予算を伴わない事業によって子育て支援に取り組んだ事例です。
そのあたりをうまくまとめて、今後の議会質問などで発言をしていければと思います。研修や視察に出かけた限りはしっかりと議会活動、具体的な一般質問などに生かすよういつも意識しています!


ちなみに伊賀市でも前回の改選期から、予算・決算ともに議長と監査委員を除く全員での審査・審議となり、この4月からは特別委員会から常任委員会となっています。


さてさて今日は、早朝5時から社団法人実践倫理宏正会の「朝起き会」にお招きいただく。
2011042911240000.jpg


その後「伊賀上野NINJAフェスタ」のボランティアで、西大手駅前の吹矢道場で、忍者衣装に身を包んだ子どもさんたちを迎えました。「忍者になれる街伊賀市」ゴールデンウイークは伊賀市中心市街地を歩いて楽しめる「NINJAフェスタ」にお出かけください!!(写真はメーテレの取材もありました)


スポンサーサイト

稲森としなおって?

稲森としなお(29歳)

Author:稲森としなお(29歳)
◎1983年11月:三重県伊賀市出身(血液型A型・さそり座)
大東文化大学法学部政治学科卒業(東京都)、学生時代に韓国外国語大学短期留学、参議院議員・福島みずほ後援会スタッフを経験。
卒業後はデイサービス施設に勤務し介護現場で働く。
◎2009年3月:伊賀市議選に出馬(全国最年少25歳)。お金のかけないボランティア選挙を展開し初当選(1位・2925票)
◎現在:伊賀市議会議員として議会改革の推進を大前提として、福祉(子ども・高齢者・障がい者)政策や雇用問題、市民自治、地域活性化、などに取り組む。
◎【後援会事務所】伊賀市柏野269 TEL/FAX0595-45-7227
◎【議会事務局・議員控室】伊賀市上野丸ノ内116 TEL0595-22-9687
◎カンパのお願い◎
お金のかけない、クリーンでわかりやすい政治を実践しています。市民の皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【振込口座】
東海労働金庫上野支店
(普)4360008
稲森としなお後援会

*このカンパのお願いは政治資金規正法に基づくものです。企業・団体、外国籍の方の献金、並びに匿名による献金はできません


日記の検索

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。